HOME / まつ毛トラブル / 最近まつ毛がよく抜けるあなた、それはまつ毛貧毛症かも?

shutterstock_1629918208

最近まつ毛がよく抜けるあなた、それはまつ毛貧毛症かも?

2020/03/09

まつ毛貧毛症とは?

shutterstock_1629918208

「まつ毛貧毛症」とは、まつ毛の本数や長さが不十分な状態を指す言葉です。まつ毛が少ない・短い・細いなどの自覚がある場合は、まつ毛貧毛症である可能性があります。

まつ毛のヘアサイクルにアプローチする美容液とは?

どうしてまつ毛が抜けるの?原因は?

まつ毛貧毛症の中には「よくまつ毛が抜ける」という症状が見られることも。では、なぜまつ毛が抜けやすくなってしまうのでしょうか?いくつか考えられる原因の中で代表的なものを挙げてみましょう。

まつ毛メイクによるダメージ

過度なマスカラ、ビューラー、まつ毛エクステンション、つけまつ毛などによって、まつ毛に刺激や負担を与えている場合があります。

過剰なクレンジング

まつ毛メイクをきれいに落とそうとするあまり、ごしごしこすったりダブルクレンジングをしたりして、まつ毛の生え際や目の周りの肌へ負担をかけている場合があります。

皮膚疾患・アレルギー

アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患や各種アレルギーもまつ毛が抜ける原因となることがあります。疾患やアレルギーによるかゆみで、目をこすってしまうこともまつ毛にはよくありません。

薬の副作用

服用している薬の種類によっては、頭髪やまつ毛が抜ける副作用を持っている場合があります。

加齢

個人差はありますが、頭髪と同じくまつ毛も加齢によって長さ・太さ・本数などが衰えることがあります。

あてはまる項目はありましたか?次に、まつ毛貧毛症の治療法についてご紹介します。

改善方法はあるの?

shutterstock_1532099870

加齢や薬の副作用などでまつ毛が抜けてしまうのは、ある程度仕方のないことと言えます。でも、努力次第でまつ毛の減少をストップさせることができるケースだってあるのです。自分の生活を振り返って、まずは次のような点から見直しを始めてみてはいかがでしょうか?

生活習慣の改善

まつ毛と生活習慣に何か関係があるの?と不思議に思うかもしれません。しかし、「健康なまつ毛を作るのは規則正しい生活である」と言っても過言ではないほど、まつ毛と生活習慣は深く結びついています。

まず大切なのが、食生活。まつ毛の主成分はケラチンというたんぱく質で、ケラチンの合成には必須アミノ酸が欠かせません。つまり、良質なタンパク質とアミノ酸をきちんと摂取できるバランスの取れた食事をすることが必要なのです。

睡眠もまつ毛にとっては重要な要素です。十分な睡眠を取ることで細胞の新陳代謝が活性化し、まつ毛を丈夫にしてくれます(特に、細胞の生まれ変わりが活発な22時~2時の間に眠りについているのが理想的とされています)。逆に、目の周りやまつ毛に負担がかかるうつぶせ寝や不潔な寝具には注意が必要です。

また、日常生活におけるストレスは自律神経を乱れさせ、毛母細胞の働きを弱めることにつながる場合があるため、できるだけ上手にストレスを発散するようにしましょう。

メイクやクレンジングの見直し

直接まつ毛に触れるだけに、メイクやクレンジングについてもいろいろな注意点があります。まず、まつ毛に負担をかける大きな要因であるビューラー。まつ毛に良くないと分かってはいても、まったく使わないというわけにもいきませんよね。それならば、せめてきれいな状態を保って使うようにしましょう。汚れたままのビューラーはまつ毛の生え際の粘膜へ雑菌を侵入させ、まつ毛が抜ける原因を作ってしまいます。ゴム部分の劣化にも要注意。カールがうまくいかないだけでなく、過剰な負担によってまつ毛が切れたり抜けたりしやすくなってしまいます。

メイクをきちんとオフすることも大切です。メイクが残ったままだと雑菌の繁殖を招いたり化粧水や美容液が浸透しにくくなったりしてしまいます。かと言って、こすったり爪ではがそうとしたりするのもいけません。アイメイクは専用のリムーバーを使ってやさしく丁寧に落とすことを心がけてくださいね

正しいメイクやクレンジングの方法を実践することの他に、目元にホットパックをして血行を促進するのも健やかなまつ毛のためには効果的です。

まつ毛貧毛症の治療を受ける

あまりピンとこない人もいるかもしれませんが、まつげ貧毛症は医療機関で相談することができます。基本的には、さほど大がかりな検査を必要とせず、診察室でまつげの状態を見てもらう程度で治療方針が決まることが多いため、検査について不安がある人も安心です。まつげについての悩みを伝え、専門医の診断を受けましょう。

医療機関で行われる主な治療は4種類。①生活習慣の指導、助言②ケアに関するアドバイス③薬の処方④植毛です。植毛については、発毛できる毛包がない場合に提案されることがあります。いずれにしても、まつげ貧毛症になる原因によって、適切な治療法を医師が判断してくれます。医療機関での治療を受けるメリットは、まつげ貧毛症の原因が特定できることと、それに対する治療法が実施できる点にあります。「原因が分からない」「早期に確実に治療をしたい」と考える人におすすめの方法です。まつげそのものが原因ではない、皮膚疾患や内分泌疾患が原因でまつげ貧毛症が起こっている場合、原因となる病気の治療が優先されることとなります。こうした、一見分かりづらい治療を要する病気への対策ができるきっかけにもつながるため、得られるメリットは大きいでしょう。