HOME / メイク術 / アイラインのアートメイクで後悔しないために

shutterstock_698740957

アイラインのアートメイクで後悔しないために

2020/03/11

アイラインのアートメイクって何?

shutterstock_698740957

アイラインのアートメイクは、普段のメイクでアイラインを引く部分の皮膚下に専用の針を刺して染色し、色素を入れる入れ墨のことです。メイクをしなくても目元がはっきりとし、普段のメイクの時間短縮にもつながります。特にアイラインは緻密な作業となるため、メイクが苦手な方も便利です。スポーツをする方や、メイクがすぐに落ちてしまう職場で働いている方など、年齢問わず幅広い世代に注目されています。

タトゥーとの違いは?

一般的なボディータトゥーほど深い傷を入れるわけではなく、色素もさほど濃くありません。いずれ徐々に薄くはなっていき、数年で色が消える傾向にある点もボディータトゥーとの違いでしょう。ただし、中には完全に色が消えない場合もあるようです。

一般的には、アートメイクの場合、一生落ちないボディタトゥーと比べると早い段階で色落ちすると言われています。目安はだいたい2年~3年、長くても5年と短いです。アートメイクの濃さも選べるため、薄く仕上げて短期間で変化させる方も多く、数年経てば変化させられるのが大きな違いです。

痛みはあるの?

痛みの感じ方は人それぞれです。当然、アイラインの部分の皮膚に針を刺すため、痛みは多少あります。一般的には、眉毛を抜く程度の刺激とされますが、これはあくまでも目安ですので、個人差があります。麻酔を行ってアートメイクをするクリニックでは、ほぼ無痛という人もいます。その一方で、麻酔をしても痛みを感じる人もいます。

値段は?

アイラインのアートメイクは、クリニックによって施術にかかる費用が異なるため、一概には言えません。また、「上のみ」「下のみ」「上下セット」といったように、施術の範囲によっても費用が変わってきます。

おおよその目安としては、「上のみ」の場合、約50,000円ほど、「下のみ」であれば約30,000円前後かかります。「上下セット」の場合は、約80,000円程度かかるのが一般的です。クリニックによっては何度かに分けて行い、その都度支払う方法をとっているところもあります。あらかじめ、何度通院しなければならないのか、初診料等の他の費用がいくら発生するのかなど、確認しておくことをおすすめします。

どんな人が施術を受けるの?

アートメイクをほどこすパーツの中でも代表的なのがアイライン。アイラインのアートメイクが希望される理由としては、次のようなものが多くなっています。

  • メイクが苦手

  • 左右で目の大きさが違う

  • メイク時間を短縮したい

  • スイミングなどで水に入る機会が多いため、その都度メイクを直すのが面倒

  • スポーツや仕事で汗をかく機会が多いため、メイクがすぐ崩れてしまう

  • 目元をはっきりとさせたい

どんな人が施術できないか

アイラインのアートメイクは、人によっては施術が受けられない場合があります。例え希望したとしても、施術できないと判断されるケースもあるため、あらかじめ確認しておきましょう。

まず、目や目元の手術を行ったばかりの人は、アイラインのアートメイクを行うことができません。例えば、まぶたの形成手術や眼瞼下垂手術、ボトックス注射、ヒアルロン酸注入などが挙げられます。これらの手術を行った場合は、通常では術後1か月程度経った頃にアートメイクが可能となるケースが多いです。

そして、花粉症アレルギーのある方がその症状を感じやすい時期に施術することもできません。アイラインのアートメイクを行ったあとは、できるだけ刺激を避ける必要があります。花粉症の方が花粉の飛散によって涙や目のゴロつきなどで目をこすってしまうと、施術箇所を擦るなどして刺激を与えてしまう恐れがあるからです。

さらに、以上の状態に該当しなくても、施術当日に体調が悪かったり、肌のコンディションに問題がある場合は施術できないこともあります。

施術の流れ

1日目

1.カウンセリング・デザイン決定

仕上がりの希望や肌の状態を確認しながら、アイラインのデザインを決定します。トラブルを防ぐために、カウンセリングには十分な時間を確保しているクリニックが多数となっています。

 

2.麻酔クリームの塗布

施術中の痛みを緩和させるため、アートメイクを入れる箇所に麻酔クリームを塗布します。個人差はありますが、麻酔の効果が現れるまで30分ほど待機します。

 

3.施術(1回目)

カウンセリングで決定したデザインに沿ってアートメイクを開始します。施術にはニードル(針)を用い、肌の表皮から約0.01mm~0.03mmほどの深さの部分へ人体に無害な色素を入れてゆきます。クリニックによって、医師が手彫りで着色を行う場合とマシンで着色を行う場合があります。施術時間はおよそ20分~30分です。

 

4.確認

1回目の施術が終了した時点で鏡による確認を行います。デザインに問題がなければ施術箇所を冷やして1日目は終了です。

 

2日目

1.施術(2回目)

1度だけの施術では十分に色素が定着しない場合があるため、通常は2度の施術を行います。1回目の施術から2週間程度経過したあたりが2回目の施術を行う時期の目安となります。

 

2.確認・最終調整

2回目の施術が終了したら、鏡による確認と最終調整を行います。デザインや色の入り方に問題がなければ施術箇所を冷やしてアートメイクの施術が終了となります。

 

3.ダウンタイム

1回目・2回目ともに施術後にはダウンタイムが発生します。施術後の肌は普段より敏感になっているため、乾燥しやすくなったりかさぶたができたりする場合があります(数日で軽快します)。そのため、施術後3日~4日は化膿止めの軟膏を塗りながら様子をみなければなりません。施術部位のメイクやコンタクトレンズの着用は控え、洗顔などの刺激や日焼けにも注意が必要となります。万が一アレルギーや炎症を起こしてしまった場合はすぐに施術を行ったクリニックの診療を受けることが大切です。

施術後のメイクについて

shutterstock_1557552953

アイラインのアートメイク後は、刺激を与えないことが大事です。そのため、施術部位についてはおよそ1週間程度メイクをせずに過ごすよう指導されるケースが多いです。これは、クリニックによって多少違いがあるため、目安としては1週間と覚えておくと良いでしょう。そもそも、アートメイク後は既にアイラインが入っている状態となるため、さほどいつもと違和感なく過ごせるのではないでしょうか。

アフターケアやリペアは?

アフターケアの有無や、リペアへの対応は、クリニックによって異なります。一般的には、期間限定ではあるものの、無料修正に応じるところが多いです。しかし、無料修正に対応してくれる期間が過ぎた場合はリペア費用が発生したり、アフターケアの内容についてはお店ごとに異なったりするため、あらかじめ確認されることをおすすめします。

アートメイクは消えるの?

アイラインはアートメイクの中でも特に色素の定着率が高く色持ちも良いため、完全に消えることはないと考えた方が良いでしょう。時間の経過や肌自体の新陳代謝によって多少薄くはなりますが、元の状態に戻ることはほぼありません。“アートメイク”という響きから気軽に施術を受けて大丈夫という気分になってしまいがちですが、針を使って皮膚の下に着色するという方法は刺青(タトゥー)と同様のもので、刺青との違いは「色を入れる深さが浅いか深いか」といった点のみなのです。アイラインのアートメイクを希望する場合は、そのことをしっかりと覚えておきましょう。

アイラインのアートメイクを消す方法

自然にまかせていてはアートメイク前の状態へ戻すことが難しいアイライン。では、アイラインのアートメイクを消す方法はあるのでしょうか?

コンシーラを使う

物理的に色素を取り除くのではなく、アートメイクの上から肌色を乗せてアイラインを隠してしまう方法です。まつ毛の生え際の皮膚は薄くデリケートにできているため、コンシーラをしっかり塗ろうとするあまりに過剰な刺激を与えてしまったり、目の中にコンシーラが入ってしまったりしないよう十分に注意しながら行いましょう。

レーザーで除去する

刺青の除去と同じく、アートメイクの除去にもレーザーが使われます。眼球にレーザーが当たらないように保護しながらアイライン部分へレーザーを当ててゆきます。しかし、目元をはっきりさせたいと考えるあまり、アイラインのアートメイクは他の箇所に比べて色素を濃く入れる人が多い傾向にあります。そのため、レーザーでも完全には除去できないケースがほとんどです。レーザー照射を繰り返すことは皮膚にも大きな負担となりますので、無理な除去は行わないことが無難と言えます。

アートメイクは失敗することもある

残念ながら、アイラインのアートメイクは100%成功するとは言い切れません。施術側も人間ですから、失敗をすることも考えられます。また、実際の仕上がりがイメージとは違うなどもあり得ます。あらかじめ、満足度の高いクリニックを選ぶことや、万が一を想定してアフターケアが充実しているところを選ばれることをおすすめします。

おすすめのクリニック3選

shutterstock_792233965

それでは最後に、アイラインのアートメイクを実施しているおすすめのクリニックを3つご紹介します。

Dクリニック東京ウィメンズ(旧ウィメンズヘルスクリニック東京)

アートメイクの施術件数実績が豊富で、メディカルアートメイク歴27年以上を誇る看護師の方が丁寧にカウンセリングしてくれます。カウンセリングから施術、アフターフォローまで一貫した対応のため、リピーターも多いです。

 

アイラインアートメイク費用

初回66,000円(税込み・3回分)初診料・指名料別

 

所在地 東京都千代田区丸の内1-11-1パシフィックセンチュリープレイス丸の内10F

TEL 03-5224-6664(代表)

https://artmake-clinic.com/

東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ

日本メディカルアートメイク協会理事を勤める看護師が施術しており、豊富な実績もあります。一人ひとり違う顔立ちに合ったアートメイクを施してくれるため、ナチュラルにそして好みに応じたデザインに対応してくれる点が特徴。初心者でも行きやすいと定評があります。

 

アイラインアートメイク費用

上下124,200(上下・2回分)初診料別

 

所在地 東京都港区赤坂9-7-1ミッドタウン・タワー6F

TEL 03-5413-0082

https://www.noage-amc.com/

メディカルブロー表参道

銀座や六本木等、東京都内に限らず、大阪や名古屋、福岡などにも施設をもつクリニックです。痛みが少なく衛生的に、安心して施術が受けられる点が特徴で、医師管理のもとトレーニングを受けた医療スタッフだけが施術しています。施術者の経験によって、同じメニューの施術でも費用が異なる点も特徴的。熟練したスタッフの方に施術してもらいたいなどの要望があれば、指名することも可能です。

 

アイラインアートメイク費用

アイライン上60,000円~(2回)

 

所在地 東京都渋谷区神宮前5-2-19表参道山田ビル2F

TEL 0570-078-889

https://m-artmake.com/