HOME / まつ毛ケア / まつげを増やすにはどうすればいい?健康的なまつ毛を取り戻す方法をご紹介します!

shutterstock_1487108861

まつげを増やすにはどうすればいい?健康的なまつ毛を取り戻す方法をご紹介します!

2020/04/17

最近、まつ毛にボリューム感がない、抜けているように感じている…という人はいませんか?
まつエクをしていても、伸びてきたら自まつ毛が少ない?と感じることがあるかもしれません。
ぱっちりとした目元にするために、つけまつ毛やまつエクをしていても、自まつ毛のケアは怠れません。
まつ毛が抜けやすくなっていると感じるのであれば、早目にケアして健康的なまつ毛を取り戻したいですよね。
今回は、まつ毛を増やす、健康的に保つための方法をご紹介します。

まつ毛が少ない原因

まつ毛が少ないと感じるのであれば、ダメージを与えていないかチェックしてください。
まつ毛は、毛根部分が髪の毛に比べ半分ほどしか皮膚に埋まっていません。
そのため、簡単に抜けてしまいます。
また、ダメージを受け抜けてしまうと、ハリのある健康的なまつ毛を生やすのは難しく、細く短いものが伸びてきてしまうことも…。

次のようなことをすると、まつ毛にダメージを与えてしまいます。

あやまったビューラーの使い方をしている

まつ毛をカールできるビューラーは、アイメイクには欠かせませんよね。
ですが、ビューラーは、まつ毛に負担をかけてしまいます。
それは、まつ毛を引っ張って挟み込み、カールを作るから。

アイメイクの必須アイテムですが、ビューラーをたくさん使いすぎることは避けた方がよいでしょう。

また、ビューラーした後のゴム部分に、抜けたまつ毛が付いていた経験はありませんか?
ゴムが劣化している可能性がありますから、定期的に交換するのをおすすめします。
ビューラー本体も古くなると、まつ毛が抜けやすくなりますから、小まめな交換を心がけましょう。

つけまつ毛を愛用している

つけまつ毛は、手軽に盛れると人気のアイテムですが、剥がす時にまぶたから無理やり取るため、まつ毛やまぶたに大きな負担がかかります。
つけまつ毛に、自まつ毛がたくさんついて抜けた、という人もいるでしょう。

また、思い通りに付けられないと、何度も貼り直すという作業が必要になり、その度にまつ毛が抜けてしまうことも。
まぶたへの刺激から、まつ毛の成長にも悪影響を及ぼす恐れもあります。

特別な時に使用するのはよいですが、日常的につけるのはおすすめできません。

クレンジングで擦っている

メイクをする女性にとって、クレンジングも必須アイテム。
きちんとメイクオフすることで、肌を美しく保つことができます。
マスカラなどのアイメイクも、しっかり落とさないと衛生面でも良くありません。

しかし、刺激の強すぎるクレンジングを使ったり、拭き取るタイプのものを使うと、まぶた部分に負担がかかることがあります。
とくに、ゴシゴシ擦るのはNG。

まぶたの皮膚は薄くデリケートですから、洗顔はもちろん、クレンジングでアイメイクを落とす際にも、優しく丁寧に行いましょう。

まつ毛のヘアサイクル

まつ毛も毛ですから、ヘアサイクルに沿って成長しています。

毛母細胞からまつ毛が伸び始めているものの、まだ皮膚の中に隠れている成長初期から、1日に0.1mm~0.18mm程度伸びていく成長期、そしてまつ毛の成長が終わり、抜けるのを待つ退行期と進みます。

まつ毛が抜け落ちると、次の毛が生えるまでの休止期という期間があります。
これらが1サイクルですが、まつ毛の場合はだいたい1ヶ月から3ヶ月ほどで1周します。
髪の毛は2年から6年かけて1サイクルとなっていますから、まつ毛のサイクルは非常に速いことが分かるでしょう。

健康的なまつ毛を取り戻す方法

shutterstock_313815017

どのようにすれば健康的なまつ毛を生やすことができるでしょうか?
具体的な方法をご紹介します。

食事

まつ毛を健康に生やすために、食事に気を遣ってみましょう。
毛に良い食品は、大豆やお肉などのタンパク質や海藻類と言われています。
毎日の食事で、意識的に摂りましょう。

規則正しい生活・睡眠

生活習慣も、まつ毛の成長と関係があります。
食事から摂った栄養をまつ毛に届けるために、定期的に運動をして血行を良くしましょう。
シャワーで済まさず、湯船にしっかり浸かることでも、血行促進することができますよ。

また、ホルモンバランスが乱れると、ヘアサイクルの成長期が短くなるなどの影響を受けることがあります。
睡眠をしっかり取り、ホルモンバランスを整え、規則正しい生活を心掛けましょう。

マッサージ

目の周りをマッサージすることで、まぶたの血行を良くすることが期待できます。
眉毛下の骨に沿って、目頭から目尻に向かって、ゆっくりと押していきましょう。
目元は皮膚が薄く弱いですから、軽く押す程度で充分です。
また、マッサージ前に蒸しタオルで目元を温めてから行うと、さらに効果的でしょう。
目の疲れも取ることができ、リラックス効果も得られ一石二鳥ですから、週末など時間がある時に行うと決めて習慣的に行うのがおすすめです。

まつ毛美容液を使う

まつ毛美容液はまつ毛を伸ばしたり、増やすといった効果はありませんが、まつ毛を健康的に維持するのに役立つアイテムです。
まつ毛がダメージを受け抜けている時には、美容液で目元を保湿し栄養を与えることで、ハリのあるまつ毛を保つことができるでしょう。

img_lineup_item01_pc

https://scalpd-eye.angfa-store.jp/products/eyelash_lp

まつ毛美容液であるスカルプD ボーテ ピュアフリーアイラッシュセラムは、8つのまつ毛ケア成分(※1)を配合し、保湿してハリを与えてくれます。
また、せっかくの成分が浸透しやすいようナノ化したカプセルに凝縮することで、角質層までしっかりと成分を届けます。
まつエクやまつ毛パーマをしている人でも使えますから、毎日のまつ毛ケアにぜひ取り入れましょう。

※1:オリゴペプチド-20、オクタペプチド-2、アセチルデカペプチド-3、サリチル酸シランジオール、オタネニンジン根エキス、ビオチノイルトリペプチド-1、パンテノール、グリセリン、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド (全て保湿成分)、シスチン、グルタミン酸 (全てハリコシ成分)

まつ毛貧毛症の可能性も

まつ毛の数が明らかに少ない場合には、まつ毛貧毛症になっている可能性があります。
その場合には、専門の病院を受診し、診断してもらうことをおすすめします。
治療薬にはグラッシュビスタなどがありますから、必要に応じて処方してもらうとよいでしょう。

まつ毛を健康的に保とう!

shutterstock_1478997341

まつ毛を増やすためには、まつ毛ケアを正しく行い、健康的に育てることが大切です。
まつエクやつけまつ毛などをすることで、人工的にまつ毛を増やすことはできますが、あくまでも自まつ毛を健康に育てることを第一に考えるとよいでしょう。

ビューラーを毎日使用している女性も多いですが、どうしてもまつ毛に負担をかけてしまいます。
ゴムを定期的に替えることや、ビューラー本体も小まめに取り替えましょう。

つけまつ毛は特別なイベントがある場合などに重宝するアイテムですが、日常的に使用するのはおすすめできません。
剥がす時に、まつ毛を引っ張り抜いてしまうことも多く、まぶたにも負担がかかります。

また、クレンジングはとても大切です。
マスカラなどをメイクオフする際も、擦らずにしっかり落とせるものを使用しましょう。

まつ毛美容液は、まつ毛を増やすといった効果はありませんが、保湿を行いハリのあるまつ毛を生やし、育てるサポートをしてくれます。
ハリツヤがあれば、まつ毛に華やかさをプラスできますよね。
健康的なまつ毛を維持し育てていくために、毎日のまつ毛ケアに使用するのもよいでしょう。

まつ毛があまりにも抜ける、新しいまつ毛が生えてこないという場合には、まつ毛貧毛症の可能性もあります。
まつ毛を増やす治療薬もありますから、病院を受診し、適切な治療を受けて下さい。

まつ毛を減らしてしまう原因を知り、正しいケアをしてまつ毛を健康的に保ちましょう。