HOME / まつ毛ケア / まつげ美容液って効果あるの?自まつ毛を健康に保つまつ毛美容液をご紹介!

shutterstock_387392446

まつげ美容液って効果あるの?自まつ毛を健康に保つまつ毛美容液をご紹介!

2020/03/17

shutterstock_387392446

まつ毛が綺麗に伸びているだけで、目や顔はもちろん、その人の雰囲気や印象まで変わりますよね。
憧れのフサフサまつ毛を保つために、まつ毛美容液は大切なアイテム!
また、まつ毛パーマなどを繰り返していても、美容液でケアしていれば、まつ毛を健康に保ことができますよ!

今回は、まつげ美容液の効果や、効果が出るタイミング、そしておすすめのまつげ美容液までご紹介します。

まつ毛美容液はどんな効果がある?

まつ毛美容液は、ダメージを受けたまつ毛をケアするものです。
ハリやコシのあるまつ毛になるようまつ毛をケアしてくれますよ。

どんなにマスカラをつけても、元のまつ毛に元気がなければ、美しく伸ばしカールすることは難しくなってしまいます。
まつ毛が既に傷んでいる場合でも、集中ケアすることができます。

特に目元は、乾燥しやすい部分ですよね。
乾燥したままでは、まつ毛にもいい影響はありません。

まつ毛美容液には保湿成分はもちろん、健康的にまつ毛を保つ成分なども含まれています。
さらに、まつ毛にハリコシを与えたり、つやつやにすることでメイク後のまつ毛を濃く見せる効果を期待できるものも!

添加物が気になる人は、パラベンやアルコール、着色料や香料が入っていないものを選ぶのもよいでしょう。
また、まつ毛エクステやまつ毛パーマをしている人も使える美容液がありますから、チェックしてみましょう。

まつ毛美容液の効果はいつ頃出る?

shutterstock_1094673824

まつ毛美容液をつけ始めたら、はやく効果が出て欲しいですよね。
しかし、健やかなまつげの保持・維持をサポートするものですから、付けたその日から急に効果がでる、というものではなく、効果の感じ方も人それぞれ。
何日で効果が出る、とはお伝えできないのです。

まつ毛美容液の効果的な使い方

まつ毛美容液は、清潔なまつ毛やまぶたの時に使うのがタイミングとしておすすめです。
基本的には、朝と夜の洗顔後、1日2回を目安に使うとよいでしょう。

美容液を塗る前に、まぶたを軽くマッサージすることで、血行を促進し、健やかなまつげの保持・維持をサポートすることができます。
押すのではなく、あくまでも軽くタッピングする感じで、上と下のまぶたをマッサージしてあげましょう。

準備ができたら、美容液をまつげの上、下そして生え際までしっかりと塗るようにします。
目に入らないよう、気を付けて塗っていきましょう。
生え際は塗りにくいため、まぶたを指で持ちあげるようにして塗るとよいですよ。

知っておきたいまつ毛美容液の種類

shutterstock_1084562918

まつ毛美容液は、マスカラ形状のものから、リキッドライナーのように筆で塗るタイプ、さらにシリコンやスポンジ素材で柔らかいチップタイプまでさまざまです。

使いやすさはそれぞれですが、毎日使うものですから、手に馴染むものを選びたいですね。
含まれている成分はもちろん、自分が使いやすいと感じ、使用が負担にならない種類のものを選ぶとよいでしょう。

おすすめのまつ毛美容液

まつ毛美容液の効果や、使い方が分かったところで、どんな美容液を選べばよいか迷う人もいるでしょう。
4種類のまつ毛美容液をご紹介しますので、あなたにピッタリのアイテムを選んでくださいね!

スカルプD ボーテ ピュアフリーアイラッシュセラム

img_lineup_item01_pc

https://scalpd-eye.angfa-store.jp/products/eyelash_lp

スカルプDのまつ毛美容液には、8つのまつ毛ケア成分(※1)が配合されています。
浸透力で成分を行き渡らせ、まつ毛にハリやコシを与えて、憧れの美しいまつ毛の実現をサポートします。
女子力の高い目チカラをアップさせてくれるでしょう。

また、形状は使いやすく優しいカールチップを採用しています。
まつ毛美容液を初めて使う方でも、簡単に使えますよ。

もちろん、まつ毛パーマやエクステをしたまつ毛にもご使用いただけますから、負担がかかり、傷みが気になるまつ毛のケアにもピッタリです。

※1:オリゴペプチド-20、オクタペプチド-2、アセチルデカペプチド-3、サリチル酸シランジオール、オタネニンジン根エキス、ビオチノイルトリペプチド-1、パンテノール、グリセリン、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド (全て保湿成分)、シスチン、グルタミン酸 (全てハリコシ成分)

スカルプD ボーテ ピュアフリーアイラッシュセラム プレミアム

img_lineup_item02_pc

https://scalpd-eye.angfa-store.jp/products/eyelash_premium_lp

まつ毛ケア成分を2倍配合(※2)した、プレミアムなまつ毛美容液。
通常、まつ毛美容液は朝晩の2回の使用を推奨することが多いですが、この美容液は1日1回でも効果が期待できますよ。

ヒアルロン酸Naを始めとした保湿成分がたっぷりと配合されていますから、まつ毛が生えている目元部分のケアもしっかりとできます。
特に目元のハリが気になっている方は、潤い保護成分配合のプレミアムをおすすめします。

また、プレミアムに配合された「WIDELASH(※3)」と「ミツイシコンブエキス(※4)」が、美しいまつ毛に導くための土台づくりをしてくれるでしょう。

 

※2:オリゴペプチド-20、オクタペプチド-2、アセチルデカペプチド-3、サリチル酸シランジオール、オタネニンジン根エキス、ビオチノイルトリペプチド-1、パンテノール、グリセリン、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド (全て保湿成分)、シスチン、グルタミン酸 (全てハリコシ成分) の配合量を当社商品SDBピュアフリーアイラッシュセラムSSC2と比較

※3:ビオチノイルトリペプチド-1、パンテノール、グリセリン (全て保湿成分)

※4:保湿成分

スカルプD ボーテ ピュアフリーマスカラ(ブラック)

img_lineup_item03_pc

https://scalpd-eye.angfa-store.jp/products/mascara_lp

マスカラでありながら、まつ毛美容液と同じケア成分(※5)を配合。

まつ毛美容液を塗った後、乾いたのを待ってマスカラを塗るのは時間もかかってしまうもの。
急いでいる時など、乾くのが待ちきれない時もありますよね。

でも、このマスカラであれば、マスカラを塗りながらまつ毛美容液成分も同時に塗れますから時短になり、手軽に使うことができます。

また、お湯で簡単にオフできるフィルムタイプですから、まつ毛へ負担をかけることなく使えますよ。
パラベン、アルコールや香料は不使用で、アレルギーテスト済み(※6)。

まつ毛ケアの部分はもちろん、マスカラの機能も優秀で、ファイバーなしで120%ロングを実現。
まつ毛をしっかりと伸ばして、かつダマにならず、均一にセパレートできるマスカラです。
コンパクトカールブラシで、細く短い毛も逃すことなく、根元からしっかりと持ち上げ上向きのカールを作れます。

ブラックは、くっきりとした目を演出することができますよ。

 

※5:オリゴペプチド-20、オクタペプチド-2、アセチルデカペプチド-3、サリチル酸シランジオール、オタネニンジン根エキス、ビオチノイルトリペプチド-1、パンテノール、グリセリン、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド (全て保湿成分)、シスチン、グルタミン酸 (全てハリコシ成分)

※6:全ての方にアレルギーが起こらないというわけではありません。

 

スカルプD ボーテ ピュアフリーマスカラ(ダークブラウン)

img_lineup_item04_pc

https://scalpd-eye.angfa-store.jp/products/mascara_lp

ブラックと基本的な機能は同じですが、抜け感のある自然な目元を演出したいのであれば、ダークブラウンがおすすめです。

日中はまつ毛美容液成分入りのマスカラを使い、就寝時はまつ毛美容液を塗れば、1日中まつ毛をケアして健康的なまつ毛を保つことができますね。

まつ毛美容液を使って、魅力的な目元を作ろう

まつ毛美容液の効果や、使い方についてご紹介しました。
目元が変わることで、印象も大きく変わります。
目元のアイライナーやシャドウはもちろんですが、長く伸び、上向きにカールしたまつ毛は華やかさをプラスしてくれることでしょう。

しかし、いくらマスカラをつけて伸ばしても、元の自まつげがしっかりしていないと、うまく伸びきらなかったり、美しくカールできないことがあります。

健康なまつ毛を保つために、美容液を使用しまつ毛ケアを行いましょう。
目元の乾燥も大敵ですから、保湿成分たっぷりのアイテムの使用がおすすめです。
塗る前には、軽くまぶたをタッピングして、血行をよくしてから塗ると効果的です。

また日中マスカラをつける時も、美容液成分が配合されているものを選ぶことで、手間なく1日中まつ毛ケアすることができますよ。

まつ毛美容液の種類もさまざまで、リキッドライナー形状や、マスカラ形状などがあります。
毎日使うものですから、自分が使いやすいものを探しましょう。
自分のまつ毛の状態とライフスタイルに合わせ、ぴったりのまつ毛美容液を選んでくださいね。