TOPICS

HOME / TOPICS / スカルプDのまつ毛美容液 7年連続シェアNo.1※1を獲得‼

7年連続no1

スカルプDのまつ毛美容液 7年連続シェアNo.1※1を獲得‼

2020/06/02

アンファー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:叶屋宏一 以下「アンファー」)が販売する「スカルプDのまつ毛美容液」は、株式会社富士経済が発表しているトリートメントマスカラ市場において、7年連続シェアNo.1※1を獲得。

さらにスカルプDのまつ毛美容液(ピュアフリーアイラッシュセラム)は累計売上本数600万本を突破しました。


アンファーは「スカルプD」で培った毛髪研究の知見から、まつ毛にも着目し、5年の歳月をかけてまつ毛美容液を開発いたしました。2012年2月に発売した「スカルプDのまつ毛美容液」は2013年に初めてNo.1を獲得してから今回で7年連続でのNo.1※1獲得となります。渡辺直美さんをブランドのメインキャラクターに迎えて約7年間「まつ毛をケア」するという習慣を提案し続け、トリートメントマスカラの市場規模は2013年から2019年にかけて約1.7倍※2に膨らみ、まつ毛美容液は目元ケアの必須アイテムとなりました。

【まつ毛美容液を応用したメイクアイテムも多数登場!】
スカルプDのまつ毛美容液シリーズは女性の目元のことを考え、現在はマスカラ・アイライナー・眉毛美容液など、悩みや用途に合わせた商品も展開しております。

2019年にはお客様からのご要望もあり、同シリーズから「ボリュームマスカラ」を発売。

ogp_volume_mascara

アイメイクのトレンドを捉えた“ふわ盛りボリューム”を実現し、まつ毛をケアしながらメイクができる新たなアイテムとして受け入れられ、多くのお客様にご愛顧頂いております。


今後も、スカルプDのまつ毛美容液シリーズは様々な商品やサービスを通して、女性の笑顔を輝かせられるよう研究開発に努めて参ります。

 

※1 富士経済「化粧品マーケティング要覧2014~2020 No.3」トリートメントマスカラ売上ブランドシェア(2013年~2019年)

※2 富士経済「化粧品マーケティング要覧2014 No3」トリートメントマスカラ、富士経済「化粧品マーケティング要覧2020 No3」トリートメントマスカラ