#まつ育アカデミー

  • mixi
  • アンファーストア

まつ毛エクステを「つけている人」、「つけていない人」それぞれに聞きました。

質問 自分のすっぴんに自信はありますか?

まつ毛エクステを「つけている人」50% まつ毛エクステを「つけていない人」25%

自分のすっぴんに対する自信を聞いたところ、まつ毛エクステを「つけていない人」で自信があると答えた女性は25%であったのに対し、「つけている人」では50%にのぼり、なんと2倍もの差がつきました!

※アンファー調べ

まつ毛エクステを「つけている」女性に聞きました! 質問 まつ毛エクステをつけているかどうかで、自分のすっぴんに対する自信は変わりますか?

まつ毛エクステを「つけている」女性に、「まつ毛エクステをつけているかどうかで、自分のすっぴんに対する自信は変わりますか?」と聞いたところ、74%もの人が「変わる」と回答しました。

※アンファー調べ

変わる74%

ちなみに...「すっぴん」と言えば、近年、自身のブログなどで、自らメイクをオフした「すっぴん」姿を公開する芸能人を見かけることが多くなりました。しかし中には、「メイク」はしていなくても「まつ毛エクステ」は、つけている状態、というすっぴん画像も少なくありません。芸能人が「すっぴん」でも可愛い秘密は、実は「まつ毛」にあるのかもしれません。

page top

化粧心理学を研究する平松 隆円氏にお話しを聞きました。

なぜ「まつ毛」が「すっぴんの可愛さ」や「すっぴんに対する自信」にこれほど大きな影響を与えるのでしょうか? 「まつ毛」が「顔の印象」に与える影響について、化粧心理学を研究する平松 隆円氏にお話を聞きました!

自分を「可愛く」見せるには「目の大きさ」が重要!

他人に「可愛い」という印象を与える上で、「目を大きく見せる」ことは、心理学的に考えて効果的な手段の1つであると言えます。動物の世界において、子どもや赤ちゃんなどの弱い存在は、大人に「可愛い」と認識されることで、養護されて生き延びるという戦略をもっているのですが、彼らが「可愛い」と言う感情を呼び起こす要素の1つとしてあげられるのが、顔が丸い 目が大きいなどの身体的特徴です。つまり、自分を「可愛く」みせるためには、できるだけ「目を大きく」みせた方が良いわけです。

可愛くみえるためには、相手に錯覚を起こさせるのがカギ!

そして、「目を大きく」見せる上で重要なのが、まつ毛の存在です。なぜなら、ひとはまつ毛の長さによって、見かけ上の目の大きさを、実際の目の大きさよりも「大きく」認識するからです。これは目の錯覚であり、心理学的には錯視(さくし)とよばれるものです。

多くの女性は目を大きくみせるために、ビューラーやマスカラを使います。それによって、まつ毛を長く、はっきりとさせることで、結果的に目が大きくなったように錯覚するのですが、これは「ミュラー・リヤー錯視」と呼ばれる目の錯覚と同じです。まつ毛を長くはっきりさせると、実際の目の大きさは変わらなくても、目の錯覚で大きく見えるのです。(右図参照)
ミュラー・リヤー錯視とは 実際には同じ長さの線でも、線の両端の矢印が「外向き」か「内向き」かによって、見た目の線の長さが変わって見えるというもの。

結論 「可愛い」という印象を作るためには、長くて太いハッキリしたまつ毛が望ましいと考えられます。しかし残念ながら、日本人のまつ毛は欧米人に比べて短く、密度も低い傾向にあります。できればマスカラやエクステに頼らずに、自分自身のまつ毛を長く・太く育てられると理想的ですね。

page top

教えてくれたのは平松 隆円先生 日本文化研究センター研究員博士

1980年、滋賀県生まれ。2008年、世界でも類をみない化粧研究で博士(教育学)の学位を取得。国際日本文化研究センター講師や京都大学中核機関研究員を経て現職。専門は、化粧心理学や化粧文化論など。2006年に財団法人日本繊維製品消費科学会奨励賞を、2007年に佛教大学学術奨励賞を、2011年に第4回京都文化ベンチャーコンペティション日本経済新聞社賞を受賞。
著書に『化粧にみる日本文化』(2009水曜社)など。


まつ毛の負担調査 日本女性のまつ毛メイク実態調査 日韓中のアジア女性に聞きました!アジアのまつ毛大調査

page top